最初に買った車

 

免許を取って自分で初めて買った車はホンダシビックでした。
とても気に入っていてデートで彼女を乗せたり、家族を乗せて旅行に出掛けたりもしました。
3年ほど乗った頃でしょうか?ある日曜日の朝、玄関の扉がノックされる音で目覚めました。

 

扉を開けると警察官が立っていました。
何事かと思い用事を尋ねると、とりあえず外へ出てくれと言われました。
表へ出てすぐに視界に飛び込んで来たのは、脇道に停めてあった我が愛車のシビックがメチャクチャに壊れた無残な姿でした。

 

驚いて警察官に事情を尋ねると、昨夜大学生の運転する車がスピードの出しすぎでカーブを曲がりそこね、私のシビックに衝突したと言うのです。
とてもショックでした。
運転していた学生は無事だったようですが、事情聴取された後ですでにその場にはいませんでした。

 

驚きの後に怒りが込み上げて来た私に警察官はこう言いました。
「路駐(駐車違反)していた君も悪い。
」たしかにその前の晩は帰りが遅く、少し離れた駐車場に停めずに、家の前の脇道に駐車してしまったのは違反に違いないのですが、愛車が大破した光景を目の当たりにしたばかりの私にとっては少々酷な発言でした。

 

結局車は廃車となりました。
加害者の相手からも保険で賠償してもらったのですが、初めて購入した愛車が突然変わり果てた姿になったのを見た時の衝撃は、今でも忘れることは出来ません。